エッチな家出掲示板

  • 投稿日:
  • by

この前、エッチな熟女の家出掲示板サイトで知り合った、アラフォー家出熟女とその日のうちにホテルへ行った。
1度目は、すぐに昇天してしまった。2回目行くよ。私は、そう言って、彼女をマットに仰向けに転がした。つい今し方射精したばかりなのに、私の息子は天井に向かって衰える気配を見せていなかった。
それほどその家出熟女が魅力的だったのです。欲望に支配されたわけではない、怒りに突き動かされた男の姿だった。それだけに、彼女は、私から得体の知れない恐怖を感じたと思います。
私は、横になった彼女の足首をつかむと、左右に大きく割り広げた。恐怖と不安から、アラフォー家出熟女の大事な秘部はは完全に乾ききっていた。
明らかに男を受け入れられる状態であった。でも、そこは、焦らす時間である。体力の回復も狙っていた。
彼女の体が、快感で歪むほど、私の興奮は高まっていった。
彼女がご褒美をねだる小学生のような声をあげた。出入りするイチモツを眺めた。ズボンの中では、ペニスが痛いほどに膨脹していた。
私は、自分のリズムで腰を使っていた。
彼女の両足を大きく折り曲げて、元まで突き入れる。腰を動かす度に、眉間に深いしわが刻まれ、苦しみと快感が入り混じった感じになっていた。

やはり多いのは嫌み、妬みに対しての対応ではないでしょうか。家出人妻が夫、子供にする事に対し、いちいちうるさいようです。
確かに昔からこの嫁姑問題というのはありますよね。姑からしたら最愛の息子を盗られた憎き存在の人妻。つい嫌みの一つや二つ言ってしまうものなのでしょうか。しかしこれは嫁に行った以上は誰もが通る道で仕方のないもの。
どうしても耐えられないのなら間にいる夫に早めにうまく入ってもらうのがいいそうです。特に長男の嫁は老後の介護などが待っているため、結婚する前に姑とうまくやっていけるか人間性をみておく必要があるそうです。
あと姑が何らかの宗教に入っている場合、これもやっかいだそうです。一般の家庭とはまた違う問題も宗教絡みになってくると多少はあるようですね。宗教に関しては良い悪いは個人の自由ですが、それを相手に強要するのは人としてダメな事ですよね。
良い距離を保ちつつ、関係を深めていくこれが一番ですがなかなか嫁姑となると一筋縄ではいかないようですね。
良好な関係を深める方法の一つに姑の誕生日や母の日などのイベントには必ずお祝いをしてあげたりするのが良いそうです。
ただし自分は出しゃばり過ぎないであくまで人妻の夫や子供からしてもらって自分は裏方に回るのがいいそうです。
色々とめんどくさいですが、姑とはうるさいものと思って頑張るしかない様ですね。

017.jpg

家出女子大生をゲット

  • 投稿日:
  • by

私は千葉県で自営をしている30代後半の独身男です。いつも出会い系サイトでは交際を楽しんでいます。だいぶ前はメールのやり取りからこまめにこなして、会うまで時間を掛けていましたが、この数年はそういうのも面倒になって、手っ取り早い援助でその日のうちにやることが多いですね。
出会い系をやっていると、家出女に出くわしたりすることもあります。某大手出会い系サイトのアダルト掲示板で知り合った女子大生は家出でした。

その女子大生は北関東から出て来た子でした。両親とうまく行かなくなって家出同然に上京して、友達の下宿なんかを頼っていたらしいんですが、その日は転がり込んだ先の友達がボーイフレンドを家に呼ぶとかで、一緒にいては友達に悪いと思って友達の下宿を出たそうです。
ただ、出ては見たものの行くあてもなく、ネカフェで一晩過ごすことも考えたそうですが、一人では寂しいので出会い系にアクセスしてみたというんですね。それで、家出女にはまず食事だと思い、上野の漫画喫茶にいるということなので、浅草に出て来なよといいました。上野はよく着てたようですが、浅草は行ったことがないというので、地下鉄に乗れば5分とかからないからというと、分かりましたと言って来てくれることになりました。
上野でも京成で出やすいんですが、浅草だと定期が使えるのでもっと楽なんですよね。それと、ラブホも浅草の方が空いているので、家出なら一晩たっぷり遊べると思って、浅草にしたんです。
雷門で待ち合わせたんですが、最初見るなり驚きましたね。出る所は出ていて、それでいて顔はまだあどけないので、そのアンバランスさにそそられて、食事をしたらこの身体をじっくり攻められるのかと思うと、思わず先走り汁が出るほどでした。
まずは近くに洋食店に入りました。このあたりはレストランというより、今も洋食店といった雰囲気なんですが、それもまたこの子を喜ばせたみたいで、凄く美味しそうにご飯を食べていました。聞けばお昼から何も食べてなかったというんですね。家出女にはまず食事という鉄則はこれでクリアしました。

それから普通なら仲見世でも歩いてスカイツリーの見える公園にでも行くんでしょうが、援助のよさはそういう面倒がない点でもありますね。食事の後はすぐにラブホに直行しました。私は夜に備えて少し多めに肉を平らげておいたので、朝まで5回はやろうかなと考えながら、女の子の手を握っていつも使うラブホの玄関を入りました。
酒を飲ましておいたので、女の子もいい加減に寄り添って来ます。部屋に入るならむしゃぶりつくようにベッドに押し倒し、二十歳になって間もないピチピチした身体を堪能しました。

なぜプチ家出するのか?

  • 投稿日:
  • by

かつて家出したことのある人間が率直に言うならば、不満だらけの現状を打破したい、打破したいが解決方法が「現状を捨てる」以外にない、からでありましょう。
私が家出したのは中学校三年生の二学期始まってすぐでした。体育祭の直前で、くそ暑いのに毎日毎日体育祭の練習させられて、好きでもないというより嫌いな運動ばっかりさせられて、家にいてもおもしろくないし、友達といても気も晴れないし、家出でもすっかなと。そんなもんですよ、意外と。そんなに大きな意志とかないです。現状が嫌だってだけです。何が嫌かすら明確にはわかっていませんでした。だからって中学辞めるってわけにもいかないんですよ、義務教育なんだから。不登校ってのもいじけてるみたいでなんかおもしろくないし、自殺する勇気はない。じゃ、違う世界に行ってみようか、と。
しかし違う世界ってなんでしょう。そんなのありゃしません。どこかに行ってみたところでただの生活力のない中学生がひとりいるだけです。私の場合は5日くらい都内をうろついてましたか。
幸い顔が老けていて職務質問などにあったことは一度もありませんでした。夜中にふらふらしていても全然大丈夫。老け顔って便利だなと思ったのはあれが始めてでした。
帰ったら帰ったで、家も学校も大騒ぎになっててまあ大変でした。割と勉強が出来る方だったもので、そうした『非行』に走るとは思われてなかったようで、かなりの大騒ぎで。おかげでしばらく周りが腫れ物に触るようだったのでそれに乗っかって卒業までやりたいようにしてました。少々のわがままを言っても、周りが気を使って呑んでくれるのです。ほう、世の中とはこのように手のひらを返すのか、とも思いました。いわゆるヤンキーの子達とは少しなかよくなりました。全然仲良くなかったというか、話したこともほとんどなかったのですが、向こうが仲間と認識したみたいです。
そういうわけで、確かに少し、打破したかった現状に変化があったとはいえるでしょう、私が望んだ変化とはだいぶ違いましたが。劇的な変化など、ちょっと家出したくらいじゃ起こらないことがわかるのも若い私には必要だったのでしょう。
おそらく、普段通りにすごしているのではわからない、そのような体験を得るために、私は家出をしたのかもしれません。変化を起こす方法や力がない時にやぶれかぶれでするのが若者の家出、なのではないでしょうか。